住宅ローンが払えない場合はどうする?

住宅ローンの支払いに困った場合、なんとかして返済していき、住んでいる家を守っていく必要があります。
ということは、できる限りのお金を支払いに充てていく意識が必要になります。
1番手軽にできるのは支出を減らして、収入のうち大部分を住宅ローンの返済に充てるということです。

必要最低限の支出、例えば生活費などは許容しつつも、削減しても問題ない部分、例えば趣味に使っているお金やお小遣いについては減額してみることも重要でしょう。
家に住み続けることを考えるならば、そのあたりの節約はどうしても必要になってくると思います。

収入を増やすのが1番ですが、それはなかなか難しいですし、まだ支出を減らす方が簡単にできることも多いので、支出の削減をポイントにあげていくと良いと思います。
そして、住宅ローンが払えない状態に現在はなっていないとしても、いずれそうなるかもしれません。

給料が下がるとか、会社が倒産するとか、いろいろな事態が考えられますから、問題なく支払いができているときでも、支出に関してはできるだけ削減しておきましょう。
いざというときのために備えておく、返済や将来のためのお金として貯金しておくと良いでしょう。

参考サイト:住宅ローン払えない

体調不良で退職して住宅ローンが払えない体験談

誰でもする借金のなかでもひときわ高額と言えば・・・
そう、住宅ローンですよ。
金利が物凄く高額というわけでないし、何十年もかかって返済するのが一般的ですが、やはり借金であることにかわりないので、できれば繰り上げ返済したいものです。
通常ボーナス払いなどもしっかり設定されていて、なかなか増額してまでは払えない事が多いと思います。

しかし、もし勤務先にもしものことがあった場合など家を手放すことにもなりかねません。
少しでも臨時収入があった際には住宅ローンがあれば絶対に返済しておくべきです。
私は旧住宅公庫ローンだったのですが、必死で増額返済していました。

毎月のやりくりを切り詰めてでも、多く返済をするようにしていました。
虫が知らせていたのでしょうか?
その後体調を崩して退職せねばならなくなり、返済は貯金を切り崩してでしか、住宅ローンが払えない状態になってしまいました。
しばらくしてまた健康状態が回復したのですが、すぐにはいい仕事が見つからず、その間はなんとか親にお金を借りたりして住宅ローンを返済し続けました。

新しい勤務先が見つかってからは、ますます繰り上げ返済に努め、最近完済することができました。
これから体調を崩してもそれほど心配ないと思うと本当に一安心です。
何があるかわからない世の中、借金はないほうがいいですよね。

返済計画を誤ると住宅ローンが払えないという事態に

返済方法には二種類あります。
それが元金均等方式と元利均等方式です。
住宅ローンの返済方法で、それぞれにメリットデメリットがあります。
自分にあった支払い方式を考えることが非常に重要です。

元利均等方式は、元金にプラスされた利息が一定の金額のため給料が一定、または支払い額が一定といった計画がたてやすくわかりやすい住宅ローンになります。
デメリットは同じ期間を設定した場合に元金均等方式よりも総支払額が多くなります。
借り入れ残高の減りかたが遅くなるのが原因です。

反対に元金均等方式は月々の金額がどんどん減っていく方式で、最初の金額は多いのですが、じょじょに減っていくので通帳をみるのが楽しみな方法です。
同じ期間にした場合は元利均等よりも総支払額が少なくなるのが特徴です。
支払い額の元金プラス利息の元金部分がどんどん減っていくのでそれにかかる利息も少なくなっていくというわけです。

デメリットとしては返済開始の時期の金額が最も多いため負担が重くのしかかることになります。
ですから前もって月収や給料、さらにボーナスはどれくらいになるのか綿密なシュミレーションをたててからえらぶことが大事です。
計画を誤ると、住宅ローンが払えないという事態になってしまいます。