相続税対策するなら基礎控除110万円を生前贈与!

相続税対策としては、生前贈与を利用する方法があります。
生前贈与というのは生きているうちに、所有している財産の一部を渡す方法です。

この生前贈与には基礎控除110万円が認められています。
110万円までの贈与は課税対象になりません。

つまり、生きているうちに財産の一部を贈与してしまって、残った分を相続するという形にすれば、その分が基礎控除内に全て収まる可能性もあります。

そうなれば、税金を一切支払わないということも可能になるのです。
贈与も贈与税がかかるので、一概に相続税対策になるとは言えませんが、先ほど言ったように110万円までは贈与税がかかりません。

それを毎年行っていくと、かなりの金額を無税で譲ることができるのです。
生前贈与を行っている家庭はそれなりにあると思いますけど、相続税対策として行うならば、贈与税がかからないやり方をする必要があると言えます。

そうなると1回あたりの贈与する金額を考えていかないといけないとなります。
でも、贈与を上手く活用すれば、遺産を譲り渡すときの金額を減らして、税金として払う金額も減ります。

上手くいけば、基礎控除の範囲内に金額が収まるケースもあります。
絶対に知っておくべき方法と言えるのではないでしょうか?

参考:相続税 基礎控除

相続税対策として基礎控除内で生前贈与した体験談

私の夫の祖父様が亡くなられた時は、相続税のことで、義理の両親が大変だったという話を聞いていたので、その話を私の両親にもしていました。

もともと私の両親はとても計算ができる人と言うのか、先の先のことまで計画を持ってする人なので、一人娘の私には相続関係のことでは手間を取らせたり、無駄なお金を税金として支払うことを避けさせたいと、考えてくれていたようです。

私の両親は特に大きな資産がある訳ではありませんが、預貯金(退職金)や家などを財賛として持っていたので、父が仕事から完全に退いた時を目安に、健康状態に関係なくして、相続税対策について動きだしてくれました。

生前贈与は年間に110万円以内でしたら、贈与税がかならない基礎控除枠があるので、毎年、私や私の息子に生前贈与の形をとってくれました。

基礎控除の生前贈与は、長い年月がかかる相続税対策ですが、私も息子も普段は使っていない口座に、両親より生前贈与の形で振り込んでもらっていたので、そのお金を目にする事もありませんでした。

知らないうちに、生前贈与が少しずつ行われていると言う形になったので、父が他界した時には沢山、相続する事が無かったので、小額の税金で済んだという形になりました。

10年~20年と長いスパンで、基礎控除内の生前贈与で相続税対策の計画を立てたため、無駄な税金を支払わずに済み良かったです。