三軒茶屋の不思議な亜細亜料理店「グルーヴィー・キッチン(GROOVY KITCHEN)」。

三軒茶屋が最寄駅だけれども、駅からも遠い亜細亜料理店、GROOVY KITCHEN(グルーヴィー・キッチン)。
駅から伸びる商店街をずんずんと進み、お店もとうとうなくなり、住宅地に差し掛かった所をさらに折れ曲り、さらなる住宅地を進むと突如現れるお店です。

床屋と中華料理店に挟まれていますが、おそらく同じくらいの間口なのでしょうが、それでもこじんまりして何故か見える、不思議なお店です。
手作り感溢れるグルーヴィー・キッチンの看板とお店に、歓迎を受けたような受けてないような、不思議な感触が得られます。

あきらかにお手製な店内、ペンキで塗られてて、ポップな店内です。
ミントグリーンとクリームがかったオレンジが基調となったグルーヴィー・キッチンの店内。

オープンキッチン風なのですが、何故か見えないようになっています。
それは後ほど聞いたのですが、キッチンから流れる温風が半端ないくらい暑いらしく、お客さんに不便をかけないよおうな配慮だそうです。

グルーヴィー・キッチンは、食べ物は何を食べても美味しいのですが、私のおすすめは火鍋です。
スープもいろいろ種類が選べる事ができ、初めてクミン味とか食べました。

辛さも色々調整してくれました。
レンコンとか、羊肉、春雨、押し豆腐など、珍しい具材も色々ありました。

グルーヴィー・キッチンの店主はシャイな感じの40代前半の男性、奥様でしょうか、素敵な女性が接客をされてました。
近所にあったらいいなーって雰囲気のお店でした。

店名:グルーヴィー・キッチン(GROOVY KITCHEN)
住所:〒154-0002 東京都世田谷区下馬2丁目17-7
電話:03-3414-4689