借金300万の返済で任意整理する方法と体験談

借金300万の返済を債務整理で解決するといっても、漠然なイメージしかない方が多いと思いますが、どのようなものでしょうか。
債務整理とは、任意整理・自己破産・民事再生等の借入の支払を軽くする・なくするための方法の総称をいいます。

どの手続をとるべきかは、それぞれの借金の額と収入、家族構成や住宅ローンの有り無し等によって変わってくるので、専門家に相談しましょう。

任意整理とは、簡単に言ってしまうと、債務をどのように支払うか債権者と和解をする方法です。
ですので、裁判所等の機関を使うことはほとんどありません。

自己破産とは、簡単に言ってしまうと、裁判所に申立をして負債の支払を債権者に免除してもらう手続です。
しかし、すべての借金返済が、この手続で免除されるわけではなく、税金等免責されない債権もあります。
また、裁判所に申立をする手続で裁判所に少なくとも1度は出頭する必要があります。

民事再生とは、簡単に言ってしまうと、裁判所に申立をして借入残高をおおよそ1/5にして残ったものを原則3年で支払をするようにしてもらう手続をいいます。

この手続においては住宅ローンを別にすることによって住宅を維持できることから、自己破産で住宅を失いたくない方に向いている手続です。

以上が、主な手続きに関する知識です。

参考:借金300万の返済方法で任意整理した体験談

借金300万の返済方法として任意整理する際の申告

弁護士に借金300万の返済方法として任意整理を依頼する際は、まずは無料の相談に申し込むところからスタートします。
この際に是非とも心がけておきたいことがあります。

それは、正直な申告をすることです。
この点について聞くと、「それは言うまでもない」と多くの方が感じるものですが、いざ弁護士に相談するともなれば、正直に申告することを忘れてしまうものです。

しかし、そんなことをしたところで、自分にとって都合の良いことが起こるわけではないのです。
それどころか、自分側が損をすることになるのです。

では、借金300万の返済方法として任意整理する際、なぜ正直な申告が物を言うのでしょうか。
それは、正直な申告をすることによって、既にある債務への対応が、適切に行われることにあります。

債務が多い場合、どこか正直に申告がしづらいという気持ちが起こるかもしれません。
しかし、だからといって、借金300万の返済方法として任意整理する際、正直な申告から逃げてはいけません。

後で申告したところで状況が良くなるようなことはないですし、かえって担当の弁護士に多大な迷惑をかけてしまうことになるのです。
また、自分の債務の問題も、解決することから遠ざかってしまうことになるのです。

正直な申告をすると「弁護士にばかにされるのではないか」と心に感じるかもしれませんが、そんなことをする弁護士は、そもそもの話失格なのです。

たとえ正直な金額を申告しづらいと感じても、後々のことを考えて包み隠さず申告する方が、自分の身を守ることに繋がっていくものなのです。

浪費で借金300万の返済方法として任意整理した体験談

浪費が原因の自己破産は無効と聞き、無駄遣いにより300万の借金を作った私は債務整理はせずに自力で返済をして行こうと決めていました。

その内容はと言うと、外食に高級シャンパンにブランド物に宝石、と浪費の代表的な使い方でした。
贅沢とは海水のようで、飲めば飲むほど喉が渇きます。

もっと欲しい、もっと贅沢をしたい、と欲深くなり借入額は増えるばかり。
ただの会社員にとって、この状況はとても厳しかったです。

他人と競い合うため、見栄を張るため、自己満足のためにじゃぶじゃぶとお金を使いました。
最初は10万円だった借金ですが、いざ確認をすると300万円以上になっていました。

金融機関にもよりますが、借入をしても総額を確かめるのに手間が掛かるのです。
ただ借り入れ、返済をするだけでは総額でいくら借入があるか分からないのです。

総額が分かりませんので、知らぬ間に残高が膨れ上がるのです。
300万返済のためアルバイトを始めました。

睡眠時間が1日3時間となり、休日も無くなった頃、私は恥も捨てて法律事務所に借金返済方法の相談をしました。
浪費のための300万、と話すと軽視されそうで、気が重かったです。

ですが運良く親切な弁護士に相談ができ、私は任意整理を勧められました。
任意整理は浪費による借金でも有効となるのです。

弁護士費用に40万円かかりましたが、アルバイトをしなくて良くなり、時間が得られるようになりました。