「カフェ」カテゴリーアーカイブ

ブーランコ、愛知県江南市にあるオシャレなベーカリーカフェ

私の地元の近くにある行きつけのベーカリーカフェ、ブーランコを紹介します。

店名:ブーランコ
住所:愛知県江南市江森町東191-1
電話:0587-56-1788

ブーランコは、名鉄犬山線の柏森駅より徒歩10分ほどの距離にありますが、内装はモダンで落ち着いた雰囲気があり、モーニングや休憩、ランチタイムにゆったりした気分で食事をとることができるのが魅力です。

ベーカリーカフェというだけあって、パンの種類が豊富で、おなじみのクロワッサンやカレーパンや、かぼちゃ餡パン、ハニーパンなど、好きなものを選ぶことができ、できたてのパンを手軽に食べられます。

コーヒーや紅茶といった定番メニューから、カモミールティー、トマトジュースなどのドリンクも美味しく、モーニングやランチのセットメニューでは、サラダやコーヒーゼリーなどの小鉢も自由に選べます。

しかも、ブーランコはパンやサンドイッチだけでなく、ミネストローネ、トマトソースのハンバーグ、ナスとベーコンのアラビアータなどのパスタ類、ビーフシチューなども食べることができ、料理の選択肢や楽しみ方も幅広く、いろいろなニーズに合わせて利用できます。

友達同士や家族連れだけでなく、一人でも気兼ねなく利用できるカフェ・ブーランコは、私たちの日常で穏やかな食事を楽しめる素敵なお店です。

栃木県宇都宮市鶴田町、星野珈琲のスフレパンケーキが最高!

宇都宮市鶴田町の住宅地の一角にある星野珈琲店は、広い駐車場スペースもあり、車でも歩きでも立ち寄りやすく、地元でも人気の喫茶店です。

星野珈琲おすすめ料理は、なんといってもスフレパンケーキです!
価格は、シングル(1枚)が530円とリーズナブルですが、私はいつもダブル(2枚重ね)を注文しています。
ダブルでも680円なので、たったの150円差で2倍の量食べられるので、絶対こちらの方がお得だと思うからです。

星野珈琲のシロップは、3種類から選ぶことができます。
黒蜜、はちみつ、メイプルシロップから選択することが可能です。

ちなみに、星野珈琲 鶴田店で人気のシロップを店員さんに尋ねてみたところ、「メイプルシロップ」とのことでした。
私も同感です。

他の2種類を注文したことがないので比較はできないですが、ホットケーキに会うのはやっぱりメイプルシロップだと思います。
もう5回以上来ていますが、そのたびにメイプルシロップを注文しています。
バターとの相性が抜群で、ふわふわしたスフレ生地によーくしみこませて食べると、まさに至福の時です!

接客も丁寧な星野珈琲 宇都宮鶴田店。
嬉しいのは、小部屋があることです。
小さな子供がいる方など、静かな喫茶店で肩身の狭い思いをしたことがあるかと思います。

子供がちょろちょろしてしまい、周りのお客様に不快な思いをさせてしまうのが嫌で、外食をするのが億劫という方でも安心して過ごすことができますね。
前回は、子連れだったのですが、優先的に個室に案内してもらえました。
気配りの行き届いたお店だと思います。

店名:星野珈琲 宇都宮鶴田店
住所:〒320-0857 栃木県宇都宮市鶴田町1丁目7-23
電話:028-612-5131

生クリームたっぷりの美味しいパンケーキ、大阪吹田のエッグスンシングス

店名:エッグスンシングス ららぽーとEXPOCITY店
住所:大阪府吹田市千里万博公園2-1 ららぽーとエキスポシティ エキスポキッチン2階
電話:06-4860-6573

エッグスンシングスは、人気のハワイ風パンケーキ店です。
店員さんの制服もアロハシャツだったりと何かとハワイアンで可愛いです。

エッグスンシングスのメニューは、パンケーキの他にもエッグベネディクトやロコモコ丼やステーキなど大変豊富なのですが、おすすめはやはりパンケーキです。

エッグスンシングスでお気に入りは「ストロベリー、ホイップクリームとマカダミアナッツパンケーキ」でお値段は1180円です。
パンケーキが5枚の上に、生クリームがたっぷり、これでもかというくらいかかっており、イチゴのシロップ煮ものっています。

パンケーキ自体は甘さ控えめなので、意外としつこくなくどんどん食べられます。
テーブルの上にメープル、ココナッツ、グァバの3種類のソースがありますので、それをかけて食べても良いですが、クリームだけでも十分楽しめます。

赤ちゃん連れで行ったのですが、ベビーカーを置きやすい席を選んでくださったりと、エッグスンシングス店員さんの対応も非常に親切でよかったです。
かなりの人気店で並ぶので、11時の開店前には並んでおくようにするのがおススメです。

芝浦ふ頭のワンちゃんにも優しいドッグ・コンシェルジュ&コミュニティ Dog concierge & community

店名:ドッグ・コンシェルジュ&コミュニティ Dog concierge & community
住所:東京都港区海岸3-13-12 バウハウス芝浦1F
電話:03-3453-1115

芝浦ふ頭にわざわざ出向くことは少ないですが、オフィスがその辺りだったとき、ドッグ・コンシェルジュ&コミュニティは、よくランチで利用していました。

カフェのお客さんも、OLさんや、近所の方ばかりでした。
ドッグ・コンシェルジュ&コミュニティは、外装も内装もウッドテイストの大変おしゃれなカフェで、店員さんも優しそうで感じの良い方でした。

ワンちゃんも一緒に来られるカフェのようで、テラス席などで、ワンちゃんを連れて食事している方もよく見かけました。
可愛らしいワンちゃんを見ながらのランチは、癒されて、得した気分になりました。

ドッグ・コンシェルジュ&コミュニティは、メニューまでおしゃれな感じなのですが、私がよく食べていたのは、価格が千円くらいのグリーンカレーです。
エスニックな雰囲気は全くないカフェなのですが、グリーンカレーは本格的で辛めです。

スパイスが効いていて、席に運ばれてきた瞬間から良い香りがして食欲をそそります。
辛いのですが、ココナッツミルクもたっぷりで濃厚クリーミーで、あっという間に食べてしまいます。

私は仕事の日のお昼休憩でしか、ドッグ・コンシェルジュ&コミュニティを利用したことがありませんが、ゆったり時間が流れて、ついつい長居したくなるほど居心地が良いので、いつかお気に入りの小説を持ってうかがいたいと思っています。

カフェクラップ、緑区にあるインスタ映えするカフェ

名古屋市緑区にあるカフェクラップ。
緑を基調としたお店で安らぎを与えてくれるカフェです。

店名 カフェクラップ
住所 名古屋市緑区平手南2-403
電話 052-5594-4977

カフェクラップのおススメ料理は、お店でも一押しのロサティチキンです。
ランチタイムには、このロサティチキンをメーンで使った料理があり、お値打ちに頂けます。

カフェクラップのランチは1300円~2000円ほどで、少し高めのランチですが、雰囲気はよくとても人気があり、ランチタイムはかなり待ちます。

もう一つ、カフェクラップでオススメなのが、ソフトクリームのパフェです。
これが若い人は写真をつい撮ってしまうほど、豪華です。
食べるのが勿体ないと思えるくらいです。

クリームがかなりの高さがあり、食べ応えがあります。
このミニをランチでも食べることができます。

ランチで以前パスタを頂きましたが、すこし固めで、味付けも少しあれ?と思う部分もありますが、あの内容でこの出来なら良いです。

カフェクラップも接客は、特に悪くはありません。
しかし、大きいテーブルに2人だけしか座っていないこともあり、順番で仕方ない部分もありますが、回転はあまり良くないです。
そのため待ちを覚悟で行ってください。

カフェクラップの開店前は道路の方までかなりの人が並んでいます。

リトルキッチン、鹿屋市にあるキッズスペースが嬉しいカフェ

店名:リトルキッチン(LITTLE KITCHEN)
住所:〒893-0014 鹿児島県鹿屋市寿5丁目18-4
電話:0994-41-2035

鹿児島県鹿屋市にある、リトルキッチンは、ランチとディナーのバイキングが楽しめるカフェです。
リトルキッチンはフローリングの座敷で、テーブルも低めになっており、子供も食事しやすいです。

座敷からバイキングスペースに取りに行く時は、靴の脱ぎ履きがありますが、食事中に子供がこぼすこともあるので、衛生的で良いです。
リトルキッチンは、透明な壁で囲まれたキッズスペースがあり、食事の終わった子供達はままごとセットで遊んだり、ディズニーなどのDVDを観ることができ、その間に大人はお喋りしながらゆっくり食べられます。

バイキングは揚げ物や洋風煮物、チョコレートフォンデュなどがあり、それとは別に、メインのおかずを注文します。
離乳食時期の乳児にも嬉しい、やわらかく煮て、カットされたうどんもあります。
リトルキッチンは、子連れのママ友食事会などに利用されているのをよく見かけます。

大人の料金はランチは千円弱から、ディナーでは二千円台です。
子供はその半額ほどなので、キッズスペースなどの利点を考えると、リトルキッチンはお得感があります。
食事時は多いので、予約しておく方が安心です。

神谷町の純喫茶 横濱屋で味わう絶品ランチ&スイーツ

店名:横濱屋
住所:東京都港区麻布台1-11-2星野ビル地下1階
電話:03-3586-7486

神谷町の駅から東京都タワー方面に坂を上がっていた交差点脇ビルの地下にひっそりと佇む喫茶、横濱屋は池波正太郎や高倉健も通い詰めたという老舗の純喫茶。
窓の無い横濱屋の店内では、明るさを落とした飴色の照明が、重厚なアンティーク調の空間を静かに照らし、外の喧騒を忘れさせるような大人の雰囲気を漂わせています。

丁寧に入れられた深みのある珈琲や、華やかな香りが漂う紅茶はもちろんのこと、この店のハヤシライスとタルトタタンは思わず唸るほどの美味しさです。
ハヤシライスは、粘り気の少ないサラサラとしたスープのような食感ですが、トマトの酸味と甘味、そして奥深いコクがあり、米粒ひとつひとつがしっかりと立った少し固めのライスがまた艶やかでとても美味しいです。

タルトタタン(焦がしアップルパイ)も上品な甘さで、そこに添えられたクリームがありがちな甘いものではなく、本当に素材の味だけを生かしたタイプのものなので、甘いものが苦手な方にも是非1度味わっていただきたいひと品、まさに大人のスイーツです。

横濱屋のマスターは寡黙そうに見えますが、とても気さくな方で、店内、料理、飲み物から食器に至るまで、大変こだわりをもって大切につくられている事が感じられます。
珈琲一杯で千円以上するような喫茶などもある中で、美味しいハヤシライスやスイーツに珈琲などをつけて千円前後で楽しむことができるこちらの横濱屋は、まさに贅沢なひとときを味わうには最適な喫茶と言えるでしょう。