「スケート」カテゴリーアーカイブ

フィギュアスケートの羽生結弦選手は3度目となる楽曲を使用。

羽生結弦選手のSPの使用曲が、発表されました。
1曲目はショパンの「バラード 第1番」で、過去に使用した曲のリピートです。
バラード第1番はファンから非常に人気の有る曲のようで、喜ぶ声が多々挙げられています。

羽生結弦選手が、また馴染みの有る曲を選んだ事を「確実に勝利を狙いに来ている」と称し、オリンピックシーズンに相応しい選曲だとされているのです。
ちなみにバラード1番は、2014年度~2015年度と2015年度~2016年度に滑っています。
なので今回で、3回目の使用です。

続いてFS曲はまだ未発表ですが、ファンから「SEIMEI」や「オペラ座の怪人」や「ロミオとジュリエット」に、レ・ミゼラブル」や「カルミナ」等が希望されています。
この中だとSEIMEIは2015年度~2016年度シーズンのオペラ座の怪人は2014年度~2015年度シーズンのロミオとジュリエットは2013年度シーズンのリピートで、カルミナとレ・ミゼラブルは1度も滑っていません。

羽生選手が金メダルを取るためにどのような選曲をして来るのか、とても楽しみですね。
それと羽生選手と言えば、2016年度の「全日本選手権」をインフルエンザで欠場しました。

そのため今年度の全日本選手権への出場は地方大会の予選に出てからという見た目も立てられましたが、シード権を得られたために出場が確定されました。
シード権は上位3名に与えられるのですが、彼は世界王者で成績優秀で有ったために特例を受けたようです。
羽生選手の功績を考えれば、文句の無い扱いでしょう。

メドベージェワ選手が、セーラームーンのコスプレ!

現在フィギュアスケートの世界女王はロシアの17歳、メドベージェワ選手です。
世界選手権やグランプリファイナルは2連覇中。
昨シーズンのメドベージェワ選手は、すべての大会で優勝という輝かしい成績を収めました。

エキシビションでは、セーラームーンの格好で「月に代わってお仕置きよ」というセリフを嬉しそうに言っていました。
スタイルも抜群で、顔も可愛らしくお人形さんのようなのです。

そして、先日「炎の体育会TV」に、メドベージェワ選手は、セーラームーンのコスプレした服で出演されていました。
いろいろなゲームをクリアしていき、すべてクリアすればご褒美が貰えるというもの。
フィギュアチームとして、日本から織田信成さんとジュニアの滝野莉子選手と共に参加していました。

バランスゲームやダンスゲーム、エアホッケーなど体育会TVチームと対決。
ファイナルチャレンジもクリアし、メドベージェワ選手は、念願の回転寿司店でお寿司を頬張っていました。

世界女王は何をするにも全力投球。負けず嫌いが全面に出ていましたが、それをすべて有言実行してしまう強さがありました。
メドベージェワ選手は、負けそうになると「勝つのは私たちよ」と何度も言っていましたが、フィギュアの試合でもそう自分に言い聞かせて挑んでいるのではないかなと感じました。
来季、オリンピックシーズンですが、この強さをまた見せつけてもらいたいです。